エマルジョン型、防曇性、帯電防止性付与剤

製品ラインナップ

 

4リットルボトル

20リットル缶

★ 樹脂表面 固着型透明薄膜 帯電防止剤

★ 表面 防曇性能付与剤

★ 新規性

「ビオミセルUBシリーズ」は、ボロン研究所が独自開発の強親水性で薄膜を形成する構造物で、

マトリックスポリマーのO/Wエマルジョンの安定性を確保しつつ、媒体の水の運動エネルギーを固有の方法 (国際特許取得済み) で高めている新規な組成物であります。

これを、対象とする絶縁体樹脂の表面に添加して拡張した後、加温転相させて連続膜の形で安定固着するものです。

それは、樹脂素材自体の機械的性質や寸法安定性、平滑性、透明性、等を変化させず、また、絶縁体としての素材の役割を守り、表面だけを絶縁体と半導体の中間の状態に移行させて、静電気防止機能を付与し、一方で、防曇性を同時に付与できるものでありますから、多方面への利用が期待できると思います。

★ 用途

◇練込み型帯電防止剤の使用できない樹脂、アクリル、ポリカーボネート、その他の樹脂で透明性を維持しつつ、帯電気防止性能と防曇性能を必要とする商品に、

◇IC機器を内臓している精密製品内部の帯電気防止、防曇性付与で誤作動防止に

◇家電製品内部の静電気防止対策処理による塵埃付着防止と汚れ防止に

◇照明器具の関連プラスチック部品への帯電防止処理による汚れ防止と輝度、照度の確保に

◇高透明部材及び商品に対する、精密均質固定による表面の防曇または帯電防止表面の構築に

 

[処理方法]

1 必ず常温で本品を表面に付けます。 (対象物を立てて全表面を上部から流し塗りするか,または、必要とする面だけを刷毛塗りする。もしくは均一に超薄膜を形成させるためにスピンコート処理して下さい)

2 対象面で本品のエマルジョン溶液の付着状態の均一性が得られた後、処理表面を60℃~70℃位の環境に1~2分靜置させて、連続相成分の中の溶媒の水を蒸発離脱させます。

3 処理対象面に無色透明な三次元膜が作られ、同時にきれいに固化、接着させます。

4 大きな巻き取りシートなどの製造工程中製品が60℃以上の温度条件にある場合には、その場所で本品を均質に展着することを行う事で反応,固化、接着が合理的になされる可能性があります。

注)  ※、射出製品についても同様です。

 

[ビオミセルUB-104の組成]

マトリックス成分 - 特殊アクリルウレタン

機能発現成分 - N・Bコンプレックス、高解離性電解質

連続相成分 - 半極性有機ホウ素化合物のミセル溶解質

 

[ビオミセルUB-104の性状]

本品は、次のような性状を有しています。

外観 (20℃)     :白色安定エマルジョン溶液

比重 (20℃/4℃)   :1,000~1,050

PH (20℃、原液)  :9.5±1.0

溶解性         :水に稀釈溶解する

引火性         :なし

 

[塗布量]

5~10g /㎡以上

製品

 表面塗布型 無電化処理剤

  アンチスタH/エレナック

  アンチスタA/エレナックA

内部練り込み型帯電防止剤

 ビオミセルシリーズ

  BN-77

  BN-105

  BN-1300

  UB-104

Copyright Ⓒ Boron Laboratory Co.,Ltd. All Rights Researved.